たかじんさん長女、百田氏「殉愛」差し止め提訴

印刷

   2014年1月に亡くなった歌手・タレントのやしきたかじんさんの晩年を描いた、作家・百田尚樹氏の著書「殉愛」で名誉を傷つけられたとして、たかじんさんの長女が11月21日、発行元の幻冬舎に出版差し止めと損害賠償1100万円の支払いを求めて東京地裁に提訴した。

   長女側は、「殉愛」はたかじんさんが再婚した妻の取材を中心に書かれており、長女について事実に反する記述があると主張している、という。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中