警察庁、報告書で「在特会」を初めて名指し 「違法行為の発生が懸念」

印刷

   警察庁は2014年12月3日、国内外の治安情勢をまとめた「治安の回顧と展望」(2014年版)を発表した。「在日特権を許さない市民の会(在特会)」について初めて名指しし、来年も「反対勢力とのトラブルから生じる違法行為の発生が懸念される」と指摘した。

   在特会は10月末までに約110件のデモを行い、トラブルが起きた反対勢力と合わせて計35人が摘発されている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中