イケアが頭を抱える、「韓国に屈したというのは間違い」 「日本海」表記の商品を全世界で販売中止報道に困惑

印刷

   全世界に大型店を展開するスウェーデン家具「IKEA(イケア)」が韓国からの抗議に屈し、日本海「SEA OF JAPAN」と表記された商品の販売を来年の2015年から全世界で中止する、そんな報道が相次いでいる。

   一方、韓国の抗議で販売を中止したというのは全くの嘘だとイケアジャパンは頭を抱えている。イケアはどの国の政治的な圧力にも方針を変えることはないし、「SEA OF JAPAN」は国連のデータにもある世界統一の名称であるのは間違いなく、これからも「SEA OF JAPAN」デザインの商品が開発されれば、これまで通り販売していくのだという。

イケアコリアは「日本海」表記に正式に謝罪

日韓のはざまで、悩ましい(画像はイメージ)
日韓のはざまで、悩ましい(画像はイメージ)

   イケアの韓国1号店オープンが14年12月18日に控える中、イケアに対する非難の声が上がることになったのは14年11月だ。イケアのカタログを見た韓国人から、プリミエールという装飾用の壁掛けのデザインが世界地図になっている、そこに「SEA OF JAPAN」という文字がある、と指摘されたのが始まりだった。この商品を販売したいなら韓国が主張する「東海 (East Sea)」を併記するように、などという要求があった。

   イケア側がその商品は韓国で販売する予定はない、と応対したところ、「それでは韓国以外では売り続けるのか」と大反発が起こってしまい、商品不買を呼びかける動きも起きた。あわてた現地法人のイケアコリアは報道資料を通じ、14年11月17日、「SEA OF JAPAN」表記の重大な事案については承知している。スウェーデン本社に「東海」との併記をリクエストしているところだ、と説明し謝罪することになった。

「今回の事案に心配をおかけしたことを謝罪する」

   日本国内では韓国が「東海」を主張し始めているのは知っているが、これは単なる言いがかりであり、イケアのような世界企業ならば当然、韓国側の主張を突っぱねるものと思っていた人たちが、イケアが正式に謝罪したとの情報にショックを受けた。ただし、この謝罪は現地法人のイケアコリアが韓国内に向けて行ったものだ。

   そして14年12月4日、こんな記事が出ることになった。

「『日本海』表記の商品、全世界で販売中止へ イケア、韓国での反発受け」(産経新聞)
「『日本海』地図、世界で販売中止=韓国での反発受け―イケア」(時事通信)
外資系求人特集

   海外企業の日本法人設立が相次いでいるが、日本の商慣習に理解がありながら、海外とのやり取りもできるバイタリティーを持ったマネージャークラスの人材が不足している。代転職サイト「ビズリーチ」の外資系企業特集によると......続きを読む

PR 2015/3/16

投資

   ここ数年、円相場の変動が大きくなり、外国為替証拠金(FX)取引では為替差益を狙う個人投資家が増えているようだ。いまや日本の個人投資家はすでに......続きを読む

PR 2016/6/1

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

日本神話、源氏物語から阿久悠、AKB、仕事、家庭まで。文化と社会の中には常に女性の姿があった!

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中