円安、121円台に 7年4か月ぶりの水準

印刷

   2014年12月5日、ニューヨークの外国為替市場で円売り・ドル買いが進み、円相場は約7年4か月ぶりに1ドル121円台に落ち込んだ。同日発表されたアメリカの雇用統計が市場予想を上回り、景気改善が見込まれたため、ドル買いが活発化した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中