イラストレーター水玉螢之丞さん死去 「SFマガジン」などで活躍

印刷

   漫画家でイラストレーターの水玉螢之丞(みずたまけいのじょう 本名・吉田けい)さんが2014年12月13日に死去した。55歳だった。

   埼玉県出身。「SFマガジン」や「週刊ファミ通」などの雑誌で多数の連載を持ち、人気を博した。ゲーム「火星物語」のキャラクターデザインや、アニメ化もされた小説「まおゆう魔王勇者」シリーズのキャラクター原案を担当するなど、幅広い分野で活躍していた。

   15日には夫が水玉さんのツイッターを更新し、本人の希望により葬儀は親族のみで執り行ったと報告。長期入院中はツイッターが闘病の支えの一つにもなっていたと明かし、感謝の言葉を綴った。

   92年からの付き合いというSF書評家の大森望氏はツイッターで

「女性のSFおたくはたくさんいるけど、水玉さんほどたくさんSFを読み、なおかつみずからのおたく性を徹底的に突き詰め、思想化し、文章化したひとはいなかったと思う。いさましいチビのイラストレーターは、有数のおたく思想家でもあった」

などと故人を評し、「ご冥福を祈ります」とコメントした。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中