パキスタンの無差別銃撃事件、生徒ら141人死亡 犯行グループは軍に殺害される

印刷
 

   2014年12月16日、パキスタン北西部カイバル・パクトゥンクワ州の州都ペシャワルでイスラム過激派組織「パキスタン・タリバン運動(TTP)」の男らが学校を襲撃、生徒132人と教師を含む141人を殺害した。

   CNNによると現場はパキスタン軍運営の学校で、亡くなった生徒の大半は12~16歳だったという。16日午前10時頃、男らは生徒たちが試験を受けていた講堂に押し入り、教室を発砲して回ったという。

   ロイター通信によると事故発生から8時間後にパキスタン軍が現場を制圧、犯行グループのメンバー全員を殺害したという。

   TTPはノーベル平和賞を受賞したマララ・ユスフザイさん(17)を2012年に襲撃した勢力。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中