アントニオ猪木議員、次世代の党に離党届

印刷

   次世代の党のアントニオ猪木参院議員が2014年12月18日までに離党届を提出していたことが明らかになった。猪木氏は同日午後、目をつぶって腕を組むポーズの写真付きで「猪木の明日の夢はなんだろう 多くを語らぬことも人生 」とツイート。これまで「次世代の党 参議院比例区第61支部長」と書かれていたツイッターのプロフィールは「参議院議員」に書き換えられた。

   猪木氏本人は離党の理由を明らかにしていないが、北朝鮮に融和的な猪木氏と、強硬策を取る平沼赳夫党首らとの溝が埋まらなかったとの見方が出ている。離党届は「執行部預かり」になっている模様で、現時点では党のウェブサイトに猪木氏の名前が掲載されたままだ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中