駅員に怒声、警官による交通整理... 東京駅「100周年記念Suica」で大混乱

印刷

   きょう2014年12月20日、東京駅が100周年を迎えたが、駅では一時、警察も出動する騒ぎになった。

   100周年を記念して、JR東日本は「記念Suica」を発売した。しかし人気が集まりすぎて、客が殺到。販売会場になっている丸の内南口は、駅員への怒声が響き、駅長による謝罪アナウンスまで行われた。

東京駅長が謝罪アナウンス

警官が誘導(12月20日11時撮影)
警官が誘導(12月20日11時撮影)

   今回の騒動の発端となった「東京駅開業100周年記念Suica」は、12月20日8時に販売開始予定だった。1枚2000円(デポジット500円を含む)で、限定1万5000枚。ひとり3枚までの購入で、東京駅の丸の内南口ドーム内特設ブースで販売された。

   限定数が少ないとあって、ドーム前には前日夜から「徹夜組」も登場した。しかし、駅構内に張られているポスターには「前日からお並びいただくことができません」と書かれていたため、それを守った購入希望者と駅員らがもめていると20日早朝からツイッターなどで話題になっていた。

   記者が20日10時45分、丸の内南口改札を訪れると、自動改札機は止められていた。駅員に「混乱が理由ですか?」と聞くと、「そう、だと思います」と返答した。八角形のドームの中には、人がビッシリ。ひと目で混雑の様子がわかった。

   行列をなす人々に、駅員が「これ以上駅構内の方にはいられますと、お客様の将棋倒し等々、重大な事故につながる恐れがあります」と呼びかけると、購入希望者は「対応しろ」「代わりのもの(Suica)を出せよ」「ちゃんと説明してください」などと怒声をあげる。

   駅構外へ出ると、警官による交通整理が行われていた。「立ち止まらないでください」「駅ご利用の方は(丸の内)北口の方へお願いします」などと誘導するも、ドームへ続く行列が続いた。

   記者が到着した時点では「『東京駅100周年記念Suica』は販売終了しました」の駅員アナウンスだけだったが、のちに東京駅長によるアナウンスに変更された。それによると、駅長の判断により10時40分に販売を中止したという。

   駅長は「大変申し訳ございません」と謝罪し、今後のSuica販売は「わかり次第、メディア等を通じまして、皆さんにお知らせをいたします」とアナウンスしていた。なお、記念Suicaは、すでに「ヤフオク!」などのオークションサイトにも出品されていて、20日正午現在で4万円の値をつけているものある。


(2014年12月20日15時追記)JR東日本は20日午後、WEBサイトにコメントを掲載した。販売が中止されたのは「9時40分」で、今回の記念Suicaについては「今後発売します」と発表。詳細については「別途お知らせさせていただきます」としている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中