ゴールデンボンバー、紅白リハ後に「おちんちん」10回連呼 「流行語大賞」受賞も狙う?

印刷

   「第65回NHK紅白歌合戦」の初日リハーサルを終えて、エアーバンド「ゴールデンボンバー」が2014年12月29日、報道陣の囲み取材に応じた。同バンドは12年、初出場会見で「おちんちん」と発言して話題になった。今回の取材でも、報道陣から「過激発言」を期待されていた。

   今回のリハーサル風景は取材不可。どんな演出が行われるか聞かれると、鬼龍院翔さん(30)は「佐村河内(守)さん出したかったけど...完全に話にもならなかった。秒殺でしたね」とコメント。本番についての明言は避けた。

   樽美酒研二さん(34)は、事務所から「『おちんちん』と個人名だけは絶対に出すな」と言われていると語る一方、サービス精神からか「おちんちん」を8回、バンド全体で計10回発言した。「白塗り」キャラが被っている「日本エレキテル連合」の流行語大賞受賞(ダメよ~ダメダメ)が話題になると、樽美酒さんは「すでに負けてますから」と謙遜しつつ、「『おちんちん』で流行語大賞捕れるように、頑張りたいと思います」とも語った。

   「紅白歌合戦」は31日19時15分から放送。ゴールデンボンバーは28組目の登場で、3年連続で「女々しくて」を披露する。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中