LINE、スタンプ分配金を50%から35%へ引き下げ

印刷

   LINEは、運営する通話アプリ「LINE」で使える「スタンプ」を製作、販売するユーザーへの収益分配金を売上総額の50%から35%に引き下げると2014年12月26日、発表した。

   LINEが受け取る分配金は、審査期間を短縮するシステム開発などの費用にあてるという。分配金の変更は15年2月1日以降に審査申請を行ったスタンプに適用される。

   一方、LINEが分配金を支払う基準とするスタンプ最低売上額は1万円から1000円に引き下げる予定だ。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中