日産、自動ブレーキ搭載車種を拡大 2015年度中、ほぼすべてのカテゴリーに

印刷

   日産自動車は、「エマージェンシーブレーキ(自動ブレーキ)」の採用車種を拡大し、2015年度中に国内で発売している電気自動車、商用車を含むほぼすべてのカテゴリーに搭載を完了する。2015年1月23日に発表した。エマージェンシーブレーキは日産のセーフティシールドコンセプトのもと開発し、現在、「スカイライン」「エクストレイル」「セレナ」「ノート」「デイズ」「デイズルークス」の6車種に搭載への搭載を完了。スカイライン、エクストレイル、ノートの3車種は、国土交通省などが最高ランクであるJNCAP「先進安全車プラス(ASV+)」に選定するなど、安全性が高く評価されている。

   日産は2020年までに自動運転技術の段階的な実用化を目指している。今回の「エマージェンシーブレーキ」の搭載車種の拡大は、自動運転につながる要素技術である「カメラ認知技術」や「操作自動化技術」を活用し、これらの技術がもたらす安全性をより早くユーザーに提供するもの。また、こうした要素技術は「エマージェンシーブレーキ」だけではなく、「アラウンドビューモニター」や「インテリジェントパーキングアシスト」、「スマートルームミラー」にも取り入れており、こうした技術も今後積極的に搭載車種の拡大を図っていくとしている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中