スシローから「フライドポテト」が消えた! 「あまりにもウマい」定番の復活はいつなのか

印刷

   回転ずしチェーン「スシロー」が2015年1月半ば頃から多くの店舗で「フライドポテト」の販売を休止している。

   ファストフード各社はアメリカ西海岸の労使交渉の影響でじゃがいもを安定調達できない状態が続いている。日本ケンタッキー・フライド・チキンが1月22日、フライドポテトの販売一時休止を発表しただけでなく、バーガーキングやサブウェイもメニュー変更を余儀なくされている。一連の騒動は「ポテトショック」と呼ばれ、話題を集めた。

   スシローも「ポテトショック」の影響を受けたのだろうか。

1月半ば頃には公式ホームページのメニュー一覧からも姿消す

「ポテトショック」がこんなところにも...(画像はイメージ)
「ポテトショック」がこんなところにも...(画像はイメージ)

   スシローのフライドポテトはサイドメニューの中でも108円(税込)という手頃な値段ながら「あまりにもウマい」と人気を博した。インターネット上では「ポテロー」の愛称で呼ばれ、訪れると必ずオーダーする定番メニューとして親しまれていた。

   しかし、今年に入り、突然店内に「販売休止」と「販売再開時期の未決定」を知らせる紙が貼り出される。1月半ば頃には公式ホームページのメニュー一覧からも姿を消した。

   これをうけ、ツイッターでは、

「ポテロー。・゜・(ノД`)・゜・。」
「ポテローが...ううっ」
「スシローのポテト食べてみたかった」
「ポテトの無いスシローなんてクリープを入れないコーヒーのようなものだろ」

など悲しみの声で溢れた。

   「スシロー」を運営するあきんどスシロー(大阪府吹田市)によると、フライドポテト販売休止の理由はやはり「ストの影響」だという。

   在庫を抱えるごく少数の店舗で現在も販売を続けているものの、実質的には「販売休止」状態と明かした。じゃがいもの調達が安定すれば販売再開の可能性はあるが、今のところ未定だそう。

   店内に貼り出された告知文については「本部の指示ではなく、各店舗の店長さんのご判断で行われたものだと思います」と話している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中