「もっと早くから捜査すべきだった」 人質殺害で捜査本部設置に疑問も

印刷

   ISIL(いわゆるイスラム国)に拘束されていた後藤健二さんを殺害したとする声明動画の公開を受けて、警視庁と千葉県警は2015年2月1日午前、合同捜査本部を設置した。しかし、もっと早期から捜査しておくべきだったのではという声も出ている。

   報道によると、捜査本部は約60人体制で、刑法の「国外犯」規定を適用して捜査が行われる。先に殺害されたとされる湯川遥菜さんについても捜査され、2人を殺害したとする映像を分析するとともに、家族や関係者から事情聴取を行い、足取りを調べる。

「人質強要処罰法」違反の疑い

1日早朝に公開された動画(Youtubeより)
1日早朝に公開された動画(Youtubeより)

   今回の容疑は、「人質による強要行為等の処罰に関する法律(人質強要処罰法)」違反(加重人質強要罪)だ。1977年に発生した日本赤軍によるダッカ日航機ハイジャック事件をきっかけにできた法律で、2004年のイラク日本人人質事件でも、同法違反容疑での捜査が行われている。

   同法2条は「加重人質強要」罪を、次のように定めている。「二人以上共同して、かつ、凶器を示して人を逮捕し、又は監禁した者が、これを人質にして、第三者に対し、義務のない行為をすること又は権利を行わないことを要求したときは、無期又は五年以上の懲役に処する」。

   また、2人が殺害された可能性が高いことから、同法4条が定める「人質殺害」に違反する可能性も報じられている。こちらの条文は、「第二条又は前条の罪を犯した者が、人質にされている者を殺したときは、死刑又は無期懲役に処する」というもので、極刑になる場合もある。

常岡浩介氏「なぜ8月からやらなかった?」

   「捜査」というと足で稼ぐイメージが強いのか、ツイッターには、

「え?余計に人質増える」
「そういやなんで千葉県警なん?現地まで行けんの?」
「警視庁と千葉県警は、何をどう捜査するんだろうか...そもそも逮捕出来るものなの?」

といった疑問が出ている。 ちなみに、千葉県警が捜査を行うのは、湯川さんが千葉県在住のためだ(後藤さんは東京都在住)。

   ネット上では、「殺害」されてから捜査開始したことへの非難は強い。イスラム国へ取材経験のあるジャーナリスト、常岡浩介氏もツイッターで、「バカじゃないの?」「なぜ8月からやらなかった?」と、湯川さんが拘束されたとされる14年8月から捜査を行うべきだったと指摘している。

   その一方で、「いや、対応が速い方だと思うよ。遺体が目の前にないと絶対に動かないと思ってたから」「各方面が自分たちの出来ることを始めようとしているのかもしれない」などと、捜査開始を評価する意見もある。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中