成宮寛貴さん「相棒」卒業 3月放送の最終回で

印刷

   人気刑事ドラマ「相棒」(テレビ朝日系)で水谷豊さん(63)演じる警視庁特命係・杉下右京と約3年にわたってコンビを組んできた成宮寛貴さん(32)が2015年3月放送の「シーズン13」最終回で卒業することが2月4日、ドラマ公式サイトで発表された。

   成宮さん演じる甲斐享は2012年10月の「シーズン11」初回スペシャルで初登場。3代目「相棒」として右京と共に数々の事件を解決しながら、人として、警察官として成長していった。作中では右京が珍しく「カイト君」とあだ名をつけていた。

   成宮さんは「『相棒』という作品に出会え、携われたのは本当に大きな経験でした。特に、水谷さんとご一緒できたことは、俳優としてもたくさん勉強になりましたし、人間としても成長でき、心から感謝しています」と振り返り、最終回に向け「今あるもの全て出して悔いのないように」と意気込みを語った。

   水谷さんのコメントによれば、成宮さんはもともと「2年の約束」だったが、制作サイドや水谷さんの希望により「1年延長」されたという。水谷さんは「お陰で素晴らしいシーズンになりました」とコメント。「カイト君」に向けて「さぁ!有終の美を飾るべくふたりで最後の事件に向かいましょう」と呼びかけた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中