「後藤さんら追悼」をあの京都「三条河原」で そんな計画が変更された歴史的経緯とネットの反応

印刷

   過激派組織「イスラム国」に殺害された湯川遥菜さんと後藤健二さんを追悼する集会が京都市内の「三条河原」で立案されたが、疑問が相次いで会場が変更されることになった。それは、三条河原を巡る歴史的経緯からだった。

   追悼集会の動きは、2人が相次いで殺害されたことを受けて、2015年2月3日にネット上で始まった。

「二人の殺害方法を考えるとこの場所は残酷」

   それによると、東京、大阪、京都などで8日17時から2時間ほど集会を開き、プラカードなどを手に故人を追悼するものになるという。京都では、三条大橋の上や鴨川の河川敷など「三条河原」と呼ばれる一帯で行うとツイッターなどでアナウンスされた。

   主催者のことははっきりしないが、在日韓国・朝鮮人へのヘイトスピーチに反対したり、安倍晋三政権を批判したりしてきた人たちも関わっているようだ。

   ところが、三条河原は、かつて歴史上の人物が何人も晒し首にされるなどした場所だとして、ネット上で、2人の追悼集会をここですることに疑問や批判が続出した。

「なぜよりによってこの場所でやるのですか?」「二人の殺害方法を考えると、あまりにもこの場所は残酷です」「どうか場所の変更をご検討願えませんか?」

   「そんな昔のことを」といった声はあったものの、主催者に関わる人たちからも場所の選定に再考を求める意見が出た。

   こうした声を受けてなのか、ツイッターなどで、京都の追悼集会は場所が変更になったとアナウンスされた。今度は、市内の「四条大橋」が会場になるとされている。

   ところで、「三条河原」には、どんな歴史があるのだろうか。

京都市歴史資料館「処刑場ではない」

   京都市歴史資料館では、取材に対し、戦国武将が敵とみなした関係者の首を斬ったり、幕末の志士が事件を起こして相手を晒し首にしたりした経緯はあると館員が説明した。

   例えば、豊臣秀吉に疑われて切腹した甥の秀次の妻子や侍女が三条河原で首を斬られるなどしたことが伝わっているという。

   ネット上では、三条河原が処刑場だったという書き込みが見られるが、これは間違いだとした。

「三条河原は、犯罪人を処刑した行政的な場所ではありません。処刑場はかつて、そこではなく、京都の東西2か所にありました。三条河原を処刑場と結びつけるのは危険だと思います。地元の人は、そう言われていい気持ちはしないでしょうから」

   三条河原は、現在では、学生らが集会をするときなどに使われているが、ここで追悼集会をすることの是非については、当事者が決めることだとしている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中