預言者の風刺画本出版に在日パキスタン人協会が抗議

印刷

   フランスの風刺週刊紙「シャルリーエブド」が掲載して物議をかもした、預言者ムハマンドの風刺画を扱った本を出版社「第三書館」(東京都新宿区)が出版する予定であることが分かった。これに対し日本在住のパキスタン人団体「在日パキスタン人協会」が2015年2月6日に発売中止を求める抗議声明を出した。

   問題の本は「イスラム・ヘイトか、風刺か」というタイトルで、イスラム関係を含む風刺画約50点を掲載する。早ければ2月10日に店頭に並ぶという。第三書館は、問題となった風刺画は風刺ではなく単なるヘイト(憎悪)ではないか、という問題提起をすることが狙いであり、預言者の顔はぼかすなどしてイスラム関係者に配慮をしていると説明した。一方で、「在日パキスタン人協会」は、預言者の風刺画を載せること自体が、世界中のイスラム教徒を侮辱する行為だと反論している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中