「吊るすだけ」虫よけ剤に裏付け根拠なし 蚊は対象外、に怒りのコメント多数

印刷

   「吊るすだけ」「置くだけ」でいやな虫を寄せ付けないなどとうたった空間用虫よけ剤の表示には根拠がなく、景品表示法違反(優良誤認)にあたるとして、消費者庁が2015年2月下旬に販売する大手4社に対し、再発防止を求める措置命令を出した。

   どれも印象に残るユニークなテレビCMで認知度を高めるなど、大ヒットした商品だ。宣伝を信用して利用していた消費者は少なくないだけに大きな反響を呼んでいる。

「ベランダに 軒下に 吊るだけ!簡単虫よけ」

吊るだけで効くはずない?(画像は大日本除虫菊のホームぺージより)
吊るだけで効くはずない?(画像は大日本除虫菊のホームぺージより)

   措置命令を受けたのは、アース製薬(東京都千代田区)、興和(名古屋市中区)、大日本除虫菊(大阪市西区)、フマキラー(千代田区)の4社。対象となった商品は、アース製薬が「バポナ 虫よけネットW」など8商品、興和は「ウナコーワ虫よけ当番」など4商品、大日本除虫菊は「虫コナーズ」など11商品、フマキラーが「虫よけバリア」など7商品の計30商品に上る。不当な表示は2011年4月からで、これまでに計190億円を売り上げていた。

   これらの虫よけ剤は玄関やベランダなどに吊したり、置いたりするだけでユスリカやチョウバエを遠ざける薬剤が空気中に放出される仕組みになっている。問題となったのは、4社が商品パッケージなどに「いやな虫をシャットアウト」「ベランダに 軒下に 吊るだけ!簡単虫よけ」「使用の目安 14畳」「約250日間効果を発揮」などと表示していたこと。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中