マック、新会長に米国本部からラーソン氏起用

印刷

   日本マクドナルドホールディングス(HD)は、会長を退任する原田泳幸氏(66)の後任として米マクドナルドのロバート・ラーソン氏(58)が代表権のない会長に就任すると15年3月10日に発表した。3月25日の株主総会後の取締役会で正式に決める。

   ラーソン氏はアジア太平洋部門の副社長で、マクドナルドグループの在籍年数は40年以上。今後は社長兼最高経営責任者のサラ・カサノバ氏(49)をサポートし、日本マクドナルドHDの立て直しに取り組む。

   原田氏は事業会社の日本マクドナルドの会長も退任するが、当面は空席になる予定。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中