東京五輪、都民8割近くが「テロの発生」に不安

印刷

   2020年東京五輪・パラリンピックを巡り、都民の8割近くが「テロの発生」に不安を抱いていることが、警視庁の実施したアンケートで分かった。同庁が2015年3月27日に発表した。

   アンケートによると、五輪の開催を「待ち望んでいる」「どちらかというと待ち望んでいる」という回答は合計で79.3%にのぼり、「あまり関心がない」「全く関心がない」(合計20.7%)という回答を大きく上回った。

   一方、「開催について不安に感じていること」についての質問で最も多かったのが「テロの発生」で78.8%が回答。次いで「来日外国人等によるトラブル」(66.4%)、「交通渋滞・公共交通機関の混雑」(65.1%)という順になった。開催期間中に、警察が車両検問や交通規制、職務質問などを行うことについては、「行うべきである」が54.2%、「やむを得ない」が41.0%となり、大半の都民が理解を示した。

   アンケートは1月20日から30日にかけて実施。18歳以上の都内在住・在勤者903人がインターネットで回答した。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中