検証「ラッスンは原爆投下を揶揄」説 それは都市伝説なのか

印刷

   「ラッスンゴレライ」のリズムねたでブレークしたお笑いコンビ「8.6秒バズーカー」にまつわる、ある「噂」が注目を集めている。彼らのコンビ名やネタ中のフレーズが、第2次世界大戦中のアメリカによる広島と長崎への原子爆弾投下を揶揄したものだというのだ。

   もっとも、噂といっても、コンビ名にある「8.6(秒)」は、広島に投下された「8(月)6(日)」を意味している、といったかなり強引な内容なのだが、一部のネットユーザーの間では、まことしやかに広まっている。

  • 画像は公式チャンネルのスクリーンショット
    画像は公式チャンネルのスクリーンショット

「8.6(秒)」は8月6日を示唆?

   「8.6」以外で「根拠」として挙がっている内容は、「ラッスンゴレライ」は、爆撃機からの投下命令を意味する「落寸号令雷」だというものもある。いや、英語の「Lusting God laid light」であり、意味は「神の裁きの光」だとの指摘も。一部ユーザーは、こうした言葉から、何となく原子爆弾の投下と関係があるとイメージしているようだ。

   また2人の舞台衣装は米軍をイメージしたものだ、とも言われている。サングラスはダグラス・マッカーサー、おそろいの赤い衣装は米兵を意図しているのだそうだ。

   2015年4月に入って勢いをみせている「説」は、ネタのオープニングで2人がする両手を上げるY字や、人指しを突き出すポーズは、広島の平和記念公園にある「原爆の子の像」をモチーフにしているというものだ。

   誰かが「バカバカしい」「こじつけ」と否定しても、新説が次々と出てくる。そのためネット上は

「ネタじゃなくてやっぱりホントなのか?」
「もうダメだ、完全に黒!」

と信じてしまう人も出る事態となっている。

「沈黙」にも注目

   もちろん、圧倒的に多いのは、「こじつけ」や「ネタ」だとみなす声だ。しかし、2人がこれまでツイッターなどで言及していないため、「沈黙を守っており、その点も非常に不気味」などと盛り上がる材料になっている。

   2人をよく知るある関係者は4月6日、J-CASTニュースの取材に対し、噂を否定した。

「今はそんなデマに構っていられないぐらい忙しいですよ」

と明かし、テレビや舞台に出ずっぱりの2人の耳には噂は届いていない可能性もあると指摘した。

「そもそも2人が、そんな難しい歴史のことを知ってるかな・・・」

とも話していた。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中