星野リゾート 入れ墨隠せば入浴が可能に

印刷

   総合リゾート運営会社の星野リゾートホールディングスは、入れ墨(タトゥー)のある客も温泉に入浴することを認めることにした。8cm×10cmのシールでタトゥーをカバー出来る場合に限る。

   同社が入浴の許可を予定しているのは、全国に12カ所ある温泉旅館「界」。2015年10月1日から6カ月間に渡って試験的に実施する。タトゥーの上に張る「タトゥーカバーシール」は無料で提供する。ファッションでタトゥーを入れる若者がいたり、海外からの旅行客の中には文化的理由でタトゥーを入れている場合があり、そうした観光客に対応するために実施することになった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中