「トヨタはケチ」「夢見させてくれよ」 大型補強否定のグランパス新会長・豊田章男氏に早くもブーイング

印刷

   「私は財布ではありません」――。名古屋グランパスエイトの新会長に就任したトヨタ自動車の豊田章男社長(58)は、会見でこう明言した。サポーターの間で高まっていた、大型補強待望論に釘を刺した格好だ。

   一方でリーグトップ4入りという高い目標を掲げたが、具体的なビジョンは見えない。早くもサポーターからは「トヨタはケチ」「金持ってるスポンサーがケチってどうするんだよ」とブーイングを浴びせられている。

  • さっそくブーイング浴びてしまった豊田章男氏(10年2月撮影)
    さっそくブーイング浴びてしまった豊田章男氏(10年2月撮影)

「トップ4どころかボトム4争いが定位置になりそうだ」

   2015年4月16日、名古屋市内で行われた会見で豊田新会長は、記者から選手補強について聞かれ、

「トヨタ自動車と聞くとすぐお金の話題が出ますが、私は財布ではありません」

とジョークを飛ばした。さらに「すぐに資金を期待されても、それは現実離れした話題」として、メーンスポンサーであるトヨタ自動車から資金を受ける形での大型補強を否定した。

   豊田氏は「常にリーグのトップ4に位置しているクラブになってほしい」と高い目標を掲げているが、ハードルは低くない。優勝は10年以来遠ざかり、近3年は10位、11位、7位と中位低迷が続く。今シーズンも第5節終了時点で13位、なんとか降格圏内に落ちないよう踏みとどまっているのが現状だ。

   日本代表に選ばれた田口泰士選手など中心選手に長期離脱が多く、これまでも補強を訴えるサポーターは多かった。それだけに豊田会長の発言は「補強はしない」というメッセージだと一部のサポーターには受け止められている。

   ツイッターなどネットには、

「なんで補強しないんだよ、夢見させてくれよ」
「トップ4どころかボトム4争いが定位置になりそうだ」
「半分くらい入れ替えないと上位にいけないだろ」

と失望が広がる。

   さらには「トヨタはケチだから正直期待できない」「ケチ男就任でクラブ経営に『カイゼン』を求められます」など、トヨタ自動車の企業文化をくさすブーイングまで飛び出しているのだ。

「トヨタ方式」がグランパスにも?

   トヨタ自動車といえば「必要なものを、必要な時に、必要なだけ生産する」という考え方にもとづき、徹底してムダの排除を図る「トヨタ方式」が知られている。それだけに

「トヨタ生産方式よろしく、低コスト高効率を追求か。部品メーカーへの凄まじい値下げ要求よろしく、選手の年俸も...」
「まずはリストラから始める」
「トヨタ方式導入してサブの選手を整理します」

とやゆする声も上がっている。

   会見では同じくトヨタ自動車出身で社長から副会長にスライドした佐々木眞一氏も、

「クラブが勝てば営業成績が上がる、営業成績が上がれば優れた選手を獲得できる、このような循環がはじまるのが今だと思っています」

と話し、近々の補強はないことを臭わせた。補強による戦力アップが望めないとして、サポーターからは「あーあ。今年も中位かぁ」「残留争いをしない程度の戦力はそろえてくれよ」と投げやりな意見が出ている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中