優木まおみ、ファンに異例の「反論」 「赤ちゃんが危ない」に「大丈夫」

印刷

   タレントの優木まおみさん(35)が2015年5月9日、1歳になる愛娘の食事写真をインスタグラムに投稿したところ、ファンらから「うどんが長すぎて危険」といった指摘が相次いだ。

   すると優木さんは、長い麺は「ちぎって遊ぶ用」だったと説明し、投稿内容について過剰反応しないでほしいと理解を求めた。

  • 優木まおみさん(08年10月撮影)
    優木まおみさん(08年10月撮影)

「長いとオエッてしません?!」「そんな長いとつっかえますよ」

   投稿写真は、我が子がうどんの手づかみ食べに挑戦している場面をおさめた1枚だ。赤ちゃんは長い麺を手に持ちながらそっぽを向いてしまっていて、優木さんはこれに「うどん 食べてるのか、遊んでるのか...どちらかというと後者」とのコメントを添えていた。

   赤ちゃんが麺類で遊んでしまうケースは多くの母親が経験しているようで、コメント欄には、

「うどんで遊んじゃうのは、赤ちゃんの時はあるあるですねー!」
「片づけ大変ですよね!うちも今掴み食べ真っ最中なので、いつもはぁ~と思いながら頑張って見守ってます笑」

といった共感の声が数多く書き込まれた。しかし一方で、手に持っている麺の長さに着目し、

「うどん、長すぎ!」
「うどん長いとオエッてしません?!」
「短く切ってあげないんですか?そんな長いとつっかえますよー」

などと忠告の声も相次いだ。

   この日、ファンを心配させたのは「うどん写真」だけではなかった。優木さんは公園の遊具で娘が遊んでいる場面を撮影した動画を投稿。「スプリング遊具」などと呼ばれる、下にバネのついた1人乗りの遊具で、赤ちゃんは揺らしてもらってご機嫌だ。だが、遊具に背もたれはなく、大人が倒れないように支えている様子もない。

   そのため、赤ちゃんが両手を離してしまった場合を想定したファンらは、

「えーー見てられない!!まおみちゃーん危ないからやめて!!」
「手を離しちゃったらと思うと怖くてドキドキ」
「せめて背中に手を添えてあげてほしいです」

などとこれを危険視した。

「ごめんねー」「いろいろ心配させてる?笑」

   こうした声を受け、優木さんは「うどん写真」のキャプション部分にメッセージを追記。「ごめんねー、なんか、遊具の遊び方とか、うどん長い短いとか、いろいろ心配させてる?笑」とした上で、

「周りにママ友もいて、たくさん相談しながら、楽しみながら子育てしてるので、あんまり一枚の写真や、数秒の動画に過剰な反応しないでもらえると、これからも気軽に子育て日記をアップできてありがたいなぁと思います」

と自身の子育てや投稿内容に理解を求めた。

   なお、赤ちゃんが手に持っていたような長いうどんは「ちぎって遊ぶ用」だといい、「そのほうが喜ぶ&写真が面白いから」与えたそうだ。その上で「でも食べるのはもっと短いよん」と喉につっかからないよう配慮していることも明かした。

   異例の「反論」に、ファンらの反応はさまざまだ。「気にしないで」「色々大変ですね」とのエールや同情もあれば、文章からイライラをくみ取った上で「追記の書き方が大人げなくて残念」「素直に受け止めることも必要」といった指摘もあった。追記文は賛否を呼び、結果的にコメント欄はさらにヒートアップすることとなった。

   優木さんは13年6月にヘアメークアーティストと入籍。14年4月に第1子となる女児を出産した。当初は子供のプライバシーのため写真掲載は控えるとしていたが、半年後からは考えが変わり顔写真を解禁。「成長記録も兼ねていきたい」と説明しているとおり、インスタグラムやブログには頻繁に愛娘の写真や動画を投稿している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中