「法案の趣旨理解していないのでは」 菅官房長官、安保法制めぐり翁長知事に反論

印刷

   政府が閣議決定した安保法制をめぐり、沖縄県の翁長雄志知事は2015年5月15日の会見で、自衛隊と米軍との連携が拡大することを念頭に、

「沖縄がそれを担うことになる。沖縄の基地負担軽減には、まったくならない」
「『沖縄にはどんな理屈を付けても基地を置く』ということにならないか心配だ」

などと懸念を示した。

  • 定例会見に臨む菅義偉官房長官
    定例会見に臨む菅義偉官房長官

翁長知事、復帰43年でも「真の民主主義の実現など、県民が望んだ形になっていない」

   この発言を受け、菅義偉官房長官は同日午後の会見で、

「沖縄の方を含む国民の皆さんの生命と平和な暮らしを守ることは政府の最も大事な責任だと思っている。南西方面を含め、我が国を取り巻く安全保障環境は一層厳しさを増していることは現実。我が国の平和と安全を確保していくために、切れ目のない対応を可能とする法整備を行う、このことが喫緊の課題になっている。多分、法案の趣旨というものをよくご理解いただいていないのではないかと思う」

と反論した。

   15年5月15日で、沖縄が本土に復帰してからちょうど43年になる。翁長知事は会見で「真の民主主義の実現など、県民が望んだ形になっていない」などと米軍普天間飛行場(宜野湾市)の移設問題をめぐる政府の対応を批判した。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中