「徹子の部屋」が放送1万回の偉業達成! マッチと東山が出演し祝福

印刷

   黒柳徹子さん(81)が司会を務めるトーク番組「徹子の部屋」(テレビ朝日系)が、2015年5月27日に放送1万回を達成した。同一司会者による番組としては、14年3月に終了したタモリさん(69)の「笑っていいとも」(フジテレビ系)が8054回を記録したが、1万回はこれをしのぐ異例の長寿番組となっている。2011年4月には「同一司会者による番組最多放送」のギネス世界記録に認定されている。

   番組は1976年2月2日、森繁久彌さん(享年96)をゲストに迎えて放送開始し、2015年2月2日で40周年を迎えていた。節目となる1万回目の放送では、黒柳さんと親交の深い近藤真彦さん(50)と東山紀之さん(48)が出演し、黒柳さんに大きな花束を渡して祝福した。

   また、番組冒頭で黒柳さんは「本当に嬉しいのは、お1人も当日のお休みがなく、全部いらしてくださったということ。心からお礼を申し上げます」と、これまでのゲストやスタッフに感謝を述べた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中