今月12日から豚の生レバーや生肉禁止「豚しゃぶ」は大丈夫なの?

印刷

   豚の生レバーや生肉を飲食店などで提供することが2015年6月12日から禁止される。E型肝炎ウイルスに感染するリスクが高いからだ。厚生労働省の審議会が5月下旬に決めた。

   これを受け、厚労省が食品衛生法に基づく規格基準を改正し、さらに禁止前に客が生レバーを求める「駆け込み需要」を警戒して生で食べないよう引き続き注意を呼びかけていくという。

  • 豚の生食規制の影響が他に波及するのを懸念する声も
    豚の生食規制の影響が他に波及するのを懸念する声も

肉の中心部を63度で30分以上加熱する

   厚労省によると、豚の生レバーや生肉はE型肝炎ウイルスや寄生虫に汚染されていることがあり、食中毒リスクが高いとされる。肉の表面だけでなく内部まで汚染されており、世間でよく語られる「新鮮だから安全」は豚には通用しないというわけだ。

   そのため新たな基準では肉の中心部を63度で30分以上加熱するか、同等以上の加熱殺菌が義務づけられることになった。精肉店も生食用に販売できなくなる。違反すると2年以下の懲役か200万円以下の罰金が科されることになった。

   肉の生食をめぐっては、2011年に富山県や福井県などの焼き肉チェーン店で牛の生食による食中毒事件が発生して5人が死亡した。それを受け、厚労省は2012年7月に飲食店などが牛の生レバーを提供することを禁じた経緯がある。

   この規制後、牛の代わりに豚の生レバーなどを提供する飲食店が急増。2013年夏の一斉取り締まりで生レバーを提供していたのは190店に上り、前年の80店から倍増していたことが判明した。特に関東地方の飲食店での提供が多かったという。

「馬刺しは禁止しないで」の声

   こうした影響もあってか、E型肝炎の患者が2014年には146人に達し過去最多を記録。牛の生レバーが禁じられた2012~2014年の3年間で最も多い感染源が豚だった(国立感染症研究所調べ)。

   豚の生レバー禁止を受け、ネット上では「残念だ」という声もあるが少数派に過ぎない。そもそも豚の生食の危険性は周知の事実であり、だからこそ今まで規制されてこなかった。ネット上でも「豚レバーを生で食べるなんて恐ろしい」「牛ならまだしも豚の生食はあり得ない」などと批判的な声が多数を占める。

   一方、「63度で30分以上加熱」が必要となれば、「豚しゃぶも禁止ってことじゃないか」「馬刺しは禁止しないで」といった豚の生食規制の影響が他に波及するのを懸念する声も上がっている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中