「元少年A」手記で抗議文 被害者遺族と代理弁護士、回収求める

印刷

   神戸連続児童殺傷事件を起こした「元少年A」(32)の手記「絶歌」(太田出版)の出版をうけ、殺害された土師淳君(当時11歳)の父、守さん(59)と代理弁護士が、同出版社に2015年6月12日付で抗議文を送ったことが13日、分かった。

   神戸新聞など各紙が伝えた。抗議文では、事件から18年を経て徐々に平穏な生活を取り戻しつつあった遺族にとって、手記は「遺族の人格権を侵害し、重大な2次被害を与えるもの」であるとして、速やかに本を回収するよう求めている。

   また、出版、表現の自由は無制約ではなく、「他者の権利・利益を侵害することは許されない」と同出版社を強く非難している。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中