「ブタは知的な動物」米科学者が論文発表

印刷

   イルカやチンパンジーといった動物と同じように、家畜として飼われているブタも知的である――。米国の科学者がこのような研究論文を発表した。

   米エモリー大学の神経科学者ローリー・マリーノ博士と、同大のクリスティーナ・コルビン氏による「ブタに関する考察」との論文は、比較心理学の国際学術誌のウェブサイトに掲載され、米メディア「ディスカバリー」オンライン版が2015年6月11日に報じた。論文では、ブタと他の動物と比較を含め、これまで知られていなかったブタの「認知的複雑性」の科学的な立証に挑んでいる。

   「ディスカバリー」によるとマリーノ博士は、「私たち人類がブタとの関係を考え直すのに必要な科学的な証拠がある」との声明を発表した。例えば長期間の記憶に優れ、鏡を使って隠された食べ物を見つけたり、ブタ同士が互いに協力したりする術を持つという。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中