MERS予防薬、京都府大研究グループが「ダチョウの卵」で大量精製に成功 韓国に配布済

印刷

   韓国で感染者が増加している中東呼吸器症候群(MERS)コロナウイルスについて、京都府立大大学院の塚本康浩教授(動物衛生学)ら研究グループが抗体の大量精製に成功した。2015年6月19日付け産経新聞電子版が報じた。抗体は人に侵入しようとするウイルスを覆い、感染を予防するという。

   報道によると、塚本教授らはカイコの細胞で作ったコロナウイルスの表面タンパクを抗原としてダチョウに投与、体内で作られた抗体をダチョウの卵から取り出し、精製したという。

   抗体は現在、米軍陸軍感染症医学研究所で検証中だが、すでに韓国、米国に配布されただけでなく、スプレー剤として大量生産も開始しているという。

   塚本教授は産経新聞の取材に「この抗体で、人の細胞に侵入しようとするウイルスをマスキング(覆う)することにより、感染を防ぐことが期待できる」と説明している。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中