「森三中」大島、息子の名前は「鈴木笑福(えふ)」ユニークすぎる読み方に賛否の声

印刷

   放送作家の鈴木おさむさん(43)が2015年6月25日、妻でお笑いコンビ「森三中」の大島美幸さん(35)との間に生まれた第1子の名前を「鈴木笑福(えふ)」にしたとブログで発表した。

   ユニークな読み方の名前に、ネットでは賛否両方の反応が寄せられている。

  • 大島さんたちがつけたユニークな名前が話題に(11年7月撮影)
    大島さんたちがつけたユニークな名前が話題に(11年7月撮影)

名前は産まれる前に決めていた

   鈴木さんは22日に第1子の誕生を発表し、生まれてからの様子をブログにつづっている。25日には、息子に名前を付けた経緯を報告した。

   「福」の字は、大島さんの希望で決まったという。「笑」は、2人が「笑い」にまつわる仕事をしていることから諺の「笑う門には福きたる」を連想し、

「『笑』と『福』を並べて『笑福』。この字で、えふく、ではなく・・・えふ・・・・と呼びたいな」

と話しあって決定したと伝えている。

   「笑福」という文字をみて、多くの人が思い浮かべるのは「しょうふく」という読み方だろう。笑福くんの名前は珍しい読み方だからか、ネットでは様々な反応が寄せられている。

「鈴木笑福君かぁ・・・らしいなぁ」
「なにより2人の間の子で笑福って、名前負けしてない」

と、好意的な意見もあれば、

「なんか親の自己満足全開だな」
「呼びにくいわ!センスねーな」

といった否定的なコメントも見られる。

   ほかにも芸能人で子供に珍しい読み方の名前をつけた例は、元モーニング娘。の辻希美さんと俳優杉浦太陽さんの長女希空(のあ)ちゃん、ロック歌手ダイヤモンドユカイさんの次男、匠音(しょーん)君などがある。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中