「日本が嫌い」字幕でフジテレビ「お詫び」 2か所も誤るのは単なる編集上のミスなのか

印刷

   韓国の反日ぶりなどを取り上げたフジテレビの番組で、街頭インタビューの発言と字幕などが違い、フジ側が「編集上のミスだった」として謝罪した。しかし、ネット上ではなお、「フジに対する不信の声が相次いでいる。

   字幕などが発言と違う問題が指摘されたのは、2015年6月5日放送の「池上彰緊急スペシャル!」だ。この番組は、「知っているようで知らない韓国のナゾ」をテーマにジャーナリストの池上彰さんが反日などに切り込み、ネット上でも話題になった。

  • 「ミスだった」と謝罪したが…
    「ミスだった」と謝罪したが…

韓国語では、「文化がたくさんあります」と発言

   それがここに来て再びクローズアップされたのは、ユーチューブに番組の動画がアップされているためらしい。

   問題については、6月26日ごろからツイッターなどで指摘されるようになった。番組では、ソウルで街頭インタビューを行い、日本についてどう思うかを聞いた。すると、多くの韓国人が日本は嫌いだと答えたといい、その中で4人の反応を紹介した。

   うち女子高生は、「嫌いですよ、だって韓国を苦しめたじゃないですか」と発言したと、吹き替えと字幕で示した。ところが、韓国語が分かる人からは、「文化がたくさんあります。だから、外国の人がたくさん訪問してくれているようです」と聞こえるとの指摘があった。本当だとすると、むしろ日本をほめているようなニュアンスだ。

   ネット上ではさらに、インタビューしたほかの韓国人も発言と字幕などが違うとの声が出た。ただ、吹き替えの声がかぶせられているだけに、よく聞き取れないとのことだった。

   署名サイト「change.org」では、「もうこれ以上捏造はやめてください!」との呼びかけが行われた。そこでは、「嫌韓の雰囲気を煽る」ものだとして、フジテレビは捏造を認めて謝罪すべきだとして賛同を募っている。29日夕現在で2000人以上の署名が集まっていた。

フジはこれまでに何度も演出上などの問題を指摘されている

   こうしたネット上の声については、いくつかの情報サイトも取り上げた。その後、韓国内にも伝わったらしく、韓国の日刊紙「ハンギョレ新聞」などが次々に問題を報じる騒ぎになった。

   フジテレビでも、釈明の必要を感じたらしく、6月29日になって番組サイト上で「お詫び」を出した。

   そこでは、インタビューのうち2か所で計約10秒にわたって字幕や吹き替えと違う映像を誤って流したと説明している。前出の女子高生については、別の部分で「日本が嫌いです」などと答えていたといい、「文化がたくさんあります」などという発言は、なんと韓国を好きな理由について話しているシーンだというのだ。

   もう1か所は、30代無職男性が「日本人にはいい人もいますが、国として嫌いです」と答えたと字幕などで示したところだった。別の部分での発言だが、誤って「過去の歴史を反省せず、そういう部分が私はちょっと...」と話している部分を使用してしまったとした。

   2か所も誤った理由について、フジテレビでは、「編集作業でのミスに加えて、最終チェックが不十分であったため」と説明している。

   とはいえ、フジテレビがこれまでに何度も演出上などの問題を指摘されていることなどから、ネット上では、謝罪後も疑問や批判が噴出している。

「全然懲りてない」
「フジテレビだから、なおさら"故意"かと疑われる」
「謝罪放送しなきゃいけない」...

   なお、朝日新聞によると、池上彰さんは、朝日の取材に対し、「私の名前がついた番組のなかで起きたことであり、申し訳ないことだと責任を感じています。番組スタッフ全体でのチェックが不十分でした」と話している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中