「出産まで芸にするのは気持ち悪い」 森三中大島の出産シーンテレビ放映に疑問の声

印刷

   放送作家の鈴木おさむさん(43)がブログで、妻でお笑いトリオ「森三中」大島美幸さん(35)の出産シーンがテレビで放送されることを明かした。大島さんは子供を産む瞬間の自身の顔を撮影するため、CCDカメラ付きのヘルメットを被って出産に臨んだ。

   これがリアクション芸人としての生き様であり、芸人は凄い、母親は凄いということ視聴者家族に感じてもらいたい、などと鈴木さんは説明したが、「出産まで芸にするのは気持ち悪い」といった感想もあり、ネットでの評判はあまり芳しくない。

  • 出産も含めて芸人魂?評価が分かれそう(2011年7月撮影)
    出産も含めて芸人魂?評価が分かれそう(2011年7月撮影)

芸人だから商売道具のCCDカメラ付きヘルメットを被った

   鈴木さんは2015年6月29日付けのブログで、15年7月5日に放送される日本テレビ系バラエティー番組「世界の果てまでイッテQ!」で大島さんの「出産物語」が放送されると告知した。大島さんは、自分はリアクション芸人だから一番の商売道具であるCCDカメラ付きのヘルメットを被りたいと申し出て、陣痛が起きてから出産するまでの自分の顔を撮影した。鈴木さんは、

「芸人として。母親として。妻は出産を経験しました」

と綴った。ヘルメットがあったおかげで大島さんは出産に集中することが出来て安産だったそうだ。

「子供を産むことのすごさ、素敵さ、そして芸人ってすごい。母親ってすごいってことを家族で見て感じてもらえたりしたら、それは今まで誰もやったことがないのではないかと思っています」

   実は、6月28日放送の「イッテQ!」では予告編が流れ、

「不良とかになってしまった時とか、お母さんはあなたを命がけで産んだんだよ、っていうのをちょっと見せてあげたいなと思います」

というインタビューと、分娩中なのだろう苦しそうな表情が映っていた。

   鈴木さんのブログに対しネットでは、他人の出産などは見たくはないし、それを芸と結び付けるのは変だ、などといった反発が起きている。

くわばたりえの出産映像には「感動。超号泣した」の声

   ネット上では、

「出産までお笑いにしたいの?芸人であることと 人の父母であることはきっちり区別するべき」
「出産まで芸にするのは気持ち悪い。無事出産できたからいいようなもの」
「正直見たくない。妊婦がリアルに雄叫びあげてる映像なんて子供に見せる意味がない」
「子ども産むことがそんなにすごいこと?自分も周りもみんなフツーに産んで育ててるけど」

という反発ばかりが目立つ状態になっている。

   出産のドキュメンタリーは度々テレビで放送されている。お笑い芸人ではくわばたりえさん(39)が13年10月に次男の出産の様子を関西テレビのバラエティ番組「ハピくるっ!」が放送した。くわばたさんはこの映像を「全国の人に見てもらいたい」と関西テレビと交渉し、14年4月7日に自身のブログで公開したところ、この時もネットでは賛否両論渦が巻いた。現在も「ユーチューブ」で視聴することができ、「ユーチューブ」のコメント欄には、「泣いた!お母さんに感謝!」「励まされます!頑張ります!」「感動。超号泣した。命の大切さを感じた」などといった称賛のコメントが並んでいる。

   今回の大島さんの場合も放映されると称賛の声が高まるかもしれない。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中