なでしこジャパンW杯連覇へ王手!劇的ロスタイムOG アメリカとの決勝へ

印刷

   FIFAサッカー女子ワールドカップ(W杯)のカナダ大会は2015年7月2日朝(日本時間、以下同)、エドモントンで日本代表なでしこジャパンがイングランドとの準決勝を戦い、2-1で勝利。2大会連続で決勝に駒を進めた。優勝をかけ、6日にアメリカと対戦する。

   試合は前半33分、DF有吉佐織(27)が得たPKを主将のMF宮間あや(30)が決めて先制。だが、7分後の前半40分、逆にFW大儀見優季(27)がイングランドにPKを与えてしまい、MFウィリアムズに決められた。前半はこのまま1-1で折り返した。

   後半は拮抗し、延長戦へ突入かと思われたロスタイム、MF川澄奈穂美(29)が右サイドから上げたクロスをクリアしようとしたイングランドDFバセットがオウンゴール。日本は2-1で劇的勝利を収めた。

   日本は6日午前8時に行われる決勝戦で、03、07年のドイツ以来史上2チーム目のW杯連覇をかけ、前回11年大会と同カードとなるアメリカと対戦する。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中