日本代表FW武藤、慶大同級生と結婚 ドイツ挑戦「彼女がいれば心強い」

印刷

   サッカー日本代表FW武藤嘉紀(22)が、2015年7月3日深夜、慶応義塾大学時代から交際を続けていた同級生と結婚したことを発表した。すでに婚姻届を提出しているという。

   武藤は、所属するマネジメント会社を通じ、「この度、一般の女性と入籍いたしました。彼女は大学時代からお付き合いをしてきた同級生で、今に至るまで自分を常に支えてくれた方です」と報告した。

   武藤は7月中にもJ1・FC東京からドイツのブンデスリーガ1部・マインツへ移籍することが決まっており、「これから新天地での挑戦が始まりますが、彼女とであれば心強く立ち向かっていけると思います。マインツにて活躍できるよう、またそれを日本代表躍進への貢献につなげていけるよう、2人で力を合わせてまい進して参ります」と、伴侶を得て海外挑戦に一層の意気込みを見せた。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中