冥王星から愛のメッセージ? 「最接近」映像で「ハート型模様に感動」

印刷

   米航空宇宙局(NASA)の無人探査機「ニュー・ホライズンズ」が地球から約48億キロ離れた冥王星に最接近し、地球に観測データを送り続けている。この歴史的快挙に関係者はもちろん、世界中から喜びの声が寄せられている。

   NASAは2015年7月14日、ニュー・ホライズンズが06年1月の打ち上げ後9年半をかけ、冥王星に最接近したと発表した。最接近した時刻は日本時間の14日20時49分。その後、探査機は集中的に観測を行うため地球への電波発信を止めていたが、日本時間の15日9時52分、管制を担当する米ジョンズホプキンス大の応用物理学研究所に再び電波を届けた。この時点で、すでに冥王星を通過していたという。

  • 最接近直前に探査機が撮影した冥王星(C)NASA/APL/SwRI
    最接近直前に探査機が撮影した冥王星(C)NASA/APL/SwRI

ディズニーキャラ「プルート」誕生のきっかけ

   今まで人類が一度も観測してこなかった星だけに、関係者は探査機より送られてくる画像や観測データに期待している。

   また、NASAは13日、6万8000キロ離れた地点から撮影した冥王星の写真を公開。表面のハートマークがネット上で「感動的」と話題にもなった。

   そんな冥王星は、1930年、アメリカの天文学者クライド・トンボーが「太陽系9つ目の惑星」として発見した。太陽系の天体で唯一アメリカ人が発見したこともあり、アメリカ国内は盛り上がった。冥王星の英名を名に持つディズニーキャラクター「プルート」(Pluto)は、ちょうどこの年に誕生している。しかし、2006年、太陽系内に同程度の大きさの天体が複数見つかったため「準惑星」に位置付けられ、今に至る。

   直径約2380キロ。表面の温度は氷点下233度ほどと推定され、窒素や一酸化炭素、メタンが凍っているとされる。衛星は現在5つ(カロン、ステュクス、ニクス、ケルベロス、ヒドラ)確認されている。その中でも最大規模のカロンは直径約1200キロと、冥王星のおよそ半分もの大きさだ。

最大の衛星「カロン」には海が存在した?

   「水金地火木土天海冥」といえば、かつて太陽系「惑星」の名前を太陽からの平均距離の順番で覚えるために親しまれた文字列だ。

   これまで、「冥」以外のすべてに探査機を送り込んで観測してきた人類だが、今回、ようやく最も遠い星に到達した。

   そうなると今度は、冥王星に生命が存在していたのかどうか、気になるところだ。これから探査機の送るデータをもとに研究が進められる。ツイッターには、

「冥王星にヒト型生命体住んでないかなあ」

という願望もすでに書き込まれている。

   NASAは2014年、冥王星最大の衛星「カロン」に関し、かつて海が存在した可能性を発表している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中