新国立競技場、建設計画見直しを検討

印刷

   新国立競技場の総工費が2520億円に膨らんでいる問題で、政府は建設計画を見直す検討を始めた模様だ。各紙が2015年7月15日、政府関係者の話として報じた。現行の建設計画には世論の反対が強い上、与党内からも疑問の声が噴出したことで方針転換を図るようだ。

   菅義偉官房長官は7月16日午前の会見で、見直しについては「現時点において、私は承知していない」としながらも、

「国立競技場の整備については、各方面から慎重な意見が数多く出ている。そして、もっともなご指摘も多々あると思っている。政府としては、従来からその点も考慮して鋭意検討してきているというのは事実。一方で、これまでの経緯や工期の問題も現実的にある」

と述べ、計画変更に含みを持たせた。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中