任天堂がスマホを開発中? 「完成画像」がネット上に「流出」

印刷

   任天堂が開発中とされるスマートフォンの完成画像がネット上に「流出」していると話題になっている。

   任天堂広報は「ネット上の個別の話題についてはお答えしていない」と無視しているが、スマホ用ゲーム大手のDeNAとの業務提携など任天堂には「ひょっとしたら」と思わせる要素がいくつもあり、この「ゲームボーイ」に似たデザインのスマホを「絶対に買いたい!」などと盛り上がっている。

  • 「絶対に買いたい!」とネットは盛り上がり
    「絶対に買いたい!」とネットは盛り上がり

「マジでこんなん出たら売れるだろうな」

   「流出」が騒がれているスマホの名称は「Nintendo Smart Boy Concept」というそうだ。2015年7月20日頃からアメリカ、ヨーロッパ、そして日本で話題になった。一見普通のスマホのようだがデザインは1989年4月21日に発売された初代の携帯型ゲーム機「ゲームボーイ」を彷彿とさせる。ゲーム用のコントローラやゲームデーターを保存するメモリなど付属品の写真もある。検索窓にグーグルの文字があることからOSはアンドロイドと思われる。画面にはスーパーマリオや故岩田聡社長のキャラが写っている。

   そうした写真が10枚ほどあり、ネットでは、

「なにこのデザインすてき」「ずっと前から任天堂が出したら買おーと思ってた」「マジでこんなん出たら売れるだろうな。バルーンファイト、初代マリオ、アイスクライマーなんかをネットでプレイしてみたい」

といった声が飛び交い、大人気になっている。

「任天堂がハードを継続するのならこっち方面しかないような気がするんだ」

などと期待する人が多いのだ。というのも任天堂は2016年にコードネーム「NX」という新型ゲーム機の発表をする予定になっていて、スマホの様なものになるのではないかという噂が囁かれている。任天堂の携帯ゲーム機に電話機能を付ける、というのはファンだけでなくゲーム業界の「悲願」でもあった。2000年代に入り、ゲームは携帯電話でという動きが加速したからだ。また、オンラインで繋ぐことによって新しい遊び方が生まれるという業界の期待もあった。

新型ゲーム機「NX」のOSはアンドロイドになる?

   ニンテンドーDSシリーズは発売から4年3か月で累計販売台数が世界で1億台を突破し、現在は1億5000万台を超えている。電話機能を持たせていれれば、世界の通信やゲームの勢力図が大きく変わった可能性はある。そして日本のゲームの主流はスマホに傾いていて、これまで任天堂やソニーに供給してきたゲームメーカはスマホ用ゲームに力をシフトするようになってきた。実際、任天堂も従来の姿勢を大きく転換させる動きを示している。

   任天堂とスマホゲーム大手のDeNAは2015年3月17日に業務・資本提携を発表した。両社の開発力とスマホゲーム運営ノウハウを組み合わせて一気にグローバルな展開を打ち出すことを目的としたものだ。任天堂のゲームが任天堂以外の会社が開発したスマホやタブレットで遊べるというのは驚きだが、果たして任天堂がそこまで柔軟になれるのか、首を傾げる業界人は多くいた。故岩田社長は、

「スマホゲームに進出しても、ゲーム専用機ビジネスへの情熱や展望を失ったわけではない」

などと語っていたが、日経新聞が15年6月1日に新型ゲーム機「NX」のOSはアンドロイドになる、と報じたことによって局面は一変する。つまり、「NX」はスマホになる可能性が出てきた、ということだからだ。任天堂は日経新聞の記事について「そのような事実はない」と否定したが、DeNAとの業務・資本提携の流れの中で、一つの選択肢だと想像してもおかしくはない。

   任天堂広報に「Smart Boy」の写真流出騒ぎについて問い合わせてみたが、

「ネット上の個別の話題についてはお答えしてはおりません」

という答えで、真相ははっきりしなかった。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中