「反原発、安倍批判などの主張が見られる」 福岡市が戦争展の後援を拒否する

印刷

   反原発や安倍晋三首相批判などの主張が見られるとして、福岡市が市民団体主催の「平和のための戦争展」を後援することを拒否し、市民団体側が反発している。ネット上でも、拒否したことについて論議になっている。

   こうした戦争展については、何年も前から全国各地で開かれており、市町村が後援するケースも多い。

  • ポスターには「9条」の文字も
    ポスターには「9条」の文字も

展示漫画に「原発いらない」「消費増税反対」の表現

   福岡市でも、1995年から戦争展が毎年開かれ、2012年からは、市が名義後援してきた。主催者は、原水爆禁止福岡市協議会や日中友好協会福岡支部などでつくる「『平和のための戦争展ふくおか』を成功させる会」だ。今回は、「語り継ごう戦争と平和そして憲法!」をキャッチフレーズに2015年8月18~23日までの日程で開くことにしている。

   市民団体は、今回の戦争展について、2月に市に後援申請した。市では、「特定の政治的立場に立脚していない」など10項目の基準で審査したが、6月になって、後援を不承諾とした。

   市の総務課では、取材に対し、3つの理由を挙げた。

   戦争展で予定されている漫画家の作品展示について、市が市民団体に資料を出してもらった。すると、「原発いらない」「消費増税反対」「原発再稼働反対」といった表現がある漫画が展示されることが分かった。これがまず基準に抵触するという。

   また、戦争展で記念講演を企画した福岡県反核医師の会について、14年11月に福岡市内であった集会のサイトを見たところ、元朝日新聞記者の講演で「安倍首相が用いている『積極的平和主義』というスローガンは戦争行使のためのものである」といった表現があった。

   さらに、同じサイトでは、「混迷する原子力発電 復活政策の現状と行方」の題目で記念講演をする予定の九州大学大学院教授が脱原発への転換を集会で訴えていたことが書かれていた。さらに調べると、この教授は、様々な機会に脱原発を主張していることが分かった。

福岡市「圧力がかかったことはありません」

   ただ、この2点については、今回の戦争展でも、安倍首相批判や脱原発主張をするかは、事前にはっきりと確認できなかった。しかし、福岡市の総務課では、調べた結果から、特定の政治的立場に立って主義主張をされるのではないかと判断したと取材に説明した。

   主催者の「『平和のための戦争展ふくおか』を成功させる会」では、取材に対し、事務局長が次のように反論した。

「私どもは、戦争の悲惨さや平和の尊さを考えてもらうため、20年にもわたって資料を展示してきています。決して政治団体の下請けなどではなく、安倍政権の転覆を目指す団体でもありません。それが漫画家や教授の思想などだけでスポイルされるとすれば、甚だ迷惑な話です。取り消しは私どもへの妨害であり、後援するのが筋だと思っています」

   市がなぜ急に変わったのか疑問だとして、どのような理由で後援を取り消したのか、文書で出すよう求めたことを明らかにした。

   これに対し、市の総務課では、市民団体が後援拒否は受け入れられないとして7月30日に文書で説明するよう要請があったことを認め、8月4、5日の一両日中に回答を出すと取材に答えた。後援の基準は変わったわけではなく、4年前もこの市民団体の後援申請を不承諾としたという。16年については、その内容でまた判断するとしている。

   自民党などから何かを言ってきたことはないとし、「あくまでもその都度の内容で判断していることで、圧力がかかったということはありません」と言っている。

   市の後援拒否が新聞報道されると、ネット上では、その対応について論議となった。「ここまで現政権に気遣いをするのか?」「反戦平和の動きを封じ込めようとしている!」と市への批判がある一方で、「政治活動と捉える余地は十分にある」「逆の立場の展示が開かれたとしたら、彼ら市民団体は容認するのか?」などと市を擁護する意見も出ている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中