日テレに「私はオネエではありません」 「ヨルタモリ」能町みね子さんが激怒

印刷

   コラムニストの能町みね子さんが、日テレの番組で「オネエ」呼ばわりされたことに、ツイッターで怒りを露わにしている。

   「華麗なるオネエ史」。日本テレビ系のバラエティ番組「今夜くらべてみました」では、2015年8月4日深夜の放送でこんなタイトルのボードを映した。

  • (画像は日テレ公式サイト)
    (画像は日テレ公式サイト)

タイで性転換の手術を受け、戸籍上も女性に

   番組は、GENKINGさんら新世代オネエが出演してトークを繰り広げ、ボードでこれまでの「オネエ」を紹介した。2000年代以降について、司会の徳井義実さんが「群雄割拠のオネエ戦国時代」と告げ、マツコ・デラックスさんやIKKOさんらの名前がボード上で披露された。

   能町みね子さんも、その中で「東大卒オネエ」として紹介されていたのだ。

   これに対し、能町さんは、ツイッターですぐに反応し、「なんか今夜くらべてみましたに私の名前が出たみたいだけど、出ることも聞いてないしその紹介のしかたはもっと聞いてません」とつぶやいた。

   そして、「私は器が狭いからすぐ怒るしずっと許さないよそういうの」と怒りを露わにし、「私はオネエではありませんので日テレの人は訂正してください」と求めた。

   能町さんは、ブログ「オカマだけどOLやってます。」を05年に始め、男性でありながら女性として社会人生活を送っていることを告白した。それは、自身が性同一性障害だったことがある。その後、能町さんは、タイに3週間ほど滞在して、体の一部を切除する性別適合手術を受けて性転換し、戸籍上も女性になっている。

   今回不満を述べたのは、もはや男性ではなく、オネエの分類には入らないということを言いたかったようだ。

   能町さんはさらに、「ざっくりホモとかオカマとかオネエとかに分けることによって植えつけられる偏見とか先入観とかをぶち壊したいと思ってやってますんで、絶対に許しません」とツイートした。

川本直さん「オネエはオネエ用語を使うゲイの一部」

   その後も日テレからは連絡がないとしたが、能町みね子さんは、テレビで訂正をして話題がまた人目に触れるのも嫌だとして、「やっぱり訂正とかしないでいい」と要求を変えた。その代わりに、レギュラー出演している朝の情報番組「ZIP!」以外の日テレ番組で自分の名前を二度と出さないように求めた。

   能町さんは、それだけでは収まらず、「今夜くらべてみました」の番組スタッフに直接連絡するとも明かした。この番組には、以前にVTRで出演したことがあり、そのときも「VTR以外のアオリなどの部分に私が公表するつもりがないことを勝手に載せられて閉口した」という。

   一連のツイートは、一部メディアでも紹介され、「『男の娘』たち」の著書があるライターの川本直さんはツイッター上で、「オネエはオネエ用語を使うゲイの一部だと拙著でも書いたのだが、全く無駄だった」と日テレの放送内容を嘆いた。ネット上では、「本人に確認とってないって...」「怒るのはあたりまえだと思うな」と能町さんに共感する声が相次いでいる。

   一方、「元『男性』だったのを売りに仕事しているのに、そこでキレるのは見当違いだと思う」といった異論があったほか、「番組の認識はまだ一般的なものかもしれない」「そもそもカテゴライズが複雑すぎて一般人には理解困難」などとの指摘もあった。

   能町さんの訴えについてどう考えるのか、日本テレビの広報部に取材すると、担当者が不在としてコメントは得られなかった。

   能町さんは、タモリさんが出演する「ヨルタモリ」(フジテレビ系)に「常連客」として出演している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中