KEIKOが約4年ぶりに肉声披露 globe20周年記念ライブで

印刷

   3人組ユニット「globe」のデビュー20周年記念ライブが2015年8月9日、東京・新宿駅東口前で行われ、2011年10月にくも膜下出血で倒れ、リハビリを続けているボーカルKEIKOさん(42)の肉声が約4年ぶりに公開された。

   東口前のアルタビジョンで流れたglobeの歴史を振り返る映像の最後に、KEIKOさんの直筆のメッセージが映し出され、病に倒れてから初めて肉声が披露された。

「皆さん、大変ごぶさたしています。globeのKEIKOです。globe、特に私の歌を待ってくれている人にはありがとうと心から思います。マークにもありがとうと感謝しています。みんなありがとうございます」

   コメントが流れ終わると、約5000人のファンらから拍手が沸き起こった。

   ライブでは小室哲哉さん(56)とマーク・パンサーさん(45)がヒット曲「FACE」など5曲を披露。KEIKOさんの歌声の音源を使い、マークさんがDJとして流す音楽に小室さんがキーボードを演奏して音をのせた。小室さんは「間違いなくKEIKOも喜んでいます、ありがとう」とファンに感謝の思いを伝えた。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中