「ペニスをチャペルに見立てて...」 夏の風物詩「anan」のSEX特集がすごすぎる

印刷

   今年も女性週刊誌「anan」(マガジンハウス)のセックス特集の季節がやってきた。1989年から続く夏の名物企画で、今回も2015年8月7日に発売されるやいなや、さっそく反響を呼んでいる。

   見どころはなんといっても表紙・グラビアページを飾った「Kis-My-Ft2」玉森裕太さん(25)のセクシーな肉体美なのだが、お楽しみポイントはそれだけではない。ネット上では、ある1ページが注目を集めている。

  • 特集名は「愛とSEX」(画像は7日発売の「anan」1966号表紙)
    特集名は「愛とSEX」(画像は7日発売の「anan」1966号表紙)

「鬼頭の一つ目小僧」「アヌスの細道」とは...

   「昂めあうSEXテクニック」という特集中には、なんと男性器を「チャペル」に見たてて愛撫法を解説するという前代未聞の内容が盛り込まれているのだ。

   「ここからは、カレの愛しいペニスを"チャペル"に見立ててその愛撫法を伝授」――。大きく描かれたキャラクター風の男性器は自らを「Hello I'm Chapel」と紹介しており、頂上からは白い鳩が飛び立っている。

   各部位には「鬼頭の一つ目小僧」(外尿道口)、「愛の吊り橋」(包皮小帯)、「チャペルの軒下」(鬼頭冠)、「樹木ヴァージンロード」(陰茎縫線)「アヌスの細道」(会陰部)といった「キュートな呼び名」が与えられ(括弧内はJ-CAST編集部注)、これらの名称を使いながら具体的なレクチャーを試みているのだが、

「チャペルの屋根や軒下、愛の果実まで確かめるように刺激して。樹木のヴァージンロードを軽くスキップしながら、ゆっくりと睾丸袋、そしてアヌスの細道へ...」
「桃の割れ目側は動かさず、親指を鬼頭の一つ目小僧へ向けて優しく上下すれば、軒下で雨宿りができるほど立派な屋根が張り出してくるはず」

などと、呼び名を把握していなければ何を言っているのかさっぱりだ。

「その発想はなかった」「もう無理限界やめてww」

   ある意味で玉森さんのグラビア以上に衝撃的な内容に、ネット上では、

「ちょっと待ってwペニスをチャペルに見立てるとかもう無理限界やめてww」
「ペニスをチャペルに見立ててとか頭わきすぎててこわい」
「(ペニスをチャペルには見立てられ)ないです」
「長年エロコンテンツに触れてきたけどペニスをチャペルに見立てて愛撫する発想は無かった」

といった反応がいくつも寄せられている。

   女性ファッション誌に掲載されたSEXにまつわる表現でいえば、2013年6月発売の「CanCam」(小学館)が性感帯や好きな体位を聞いたアンケート結果の円グラフをドーナツやマカロンなどの美味しそうなスイーツを使って表したことが話題になったが、「ペニス=チャペル」はそれを遥かに上回る斬新さだろう。

   ただ、ページ下部には「渡辺ひろ乃の『女のSEX手帳』より」との注釈があり、anan編集部のオリジナルではないようだ。

   同誌ではこのほかにも、読者アンケートをもとにした「みんなのSEX白書」や写真で紹介する「セックスで最高に盛り上がる瞬間」、人気作家の書き下ろし官能小説、ひとりH指南、避妊・性感染症のQ&Aなど、さまざまなコンテンツでSEXを総力特集している。

   SEXネタといえば男性誌の十八番だが、「ペニスをチャペルに」をはじめとする女性誌ならではの発想や造語センスに注目したいところだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中