デザイナーが「第三者のデザインをトレース」 佐野氏事務所が盗用認めて謝罪

印刷

   佐野研二郎氏(43)が、デザインしたトートバックの一部について配布を取り下げた問題で、佐野氏は2015年8月14日深夜、発注先のデザイナーによる盗用を認めた。事務所のウェブサイトで発表し、自らの管理責任について陳謝した。過去の他の作品や東京五輪・パラリンピックの公式エンブレムについては、引き続き盗用を否定している。

  • プレゼントのトートバッグ一覧。30種類のうち8種類が取り下げられた
    プレゼントのトートバッグ一覧。30種類のうち8種類が取り下げられた

連絡体制機能せず、プロとしての甘さ、不十分なスタッフ教育が原因?

   声明によると、トートバッグの企画では、佐野氏が夏を連想させるコンセプトを打ち出した上で、デザイナーにデザインや素材を発注。ラフデザインを含めて約60のデザインをレイアウトする作業が行われた。佐野氏は、その過程で、

「スタッフの者から特に報告がなかったこともあり、私としては渡されたデザインが第三者のデザインをトレースしていたものとは想像すらしていませんでした」

と説明。外部からの指摘を受けて検証したところ、一部でトレース(複写行為)が明らかになったという。

 

   佐野氏は、

「今回の事態は、社内での連絡体制が上手く機能しておらず、私自身のプロとしての甘さ、そしてスタッフ教育が不十分だったことに起因するものと認識しております」

として自らの管理責任に言及する一方で、過去の自らの作品については、

「その制作過程において、法的・道徳的に何ら問題となる点は確認されておらず、また権利を主張される方から問い合わせを受けたという事実もございません」

   東京五輪・パラリンピックの公式エンブレムについては

「模倣は一切ないと断言していたことに関しましては、先日の会見のとおり何も変わりはございません」

と、それぞれ盗用を否定。特にエンブレムについては、事務所ではなく「私が個人で応募したもの」で、「今回の(編注:盗用を認めた)案件とは制作過程を含めて全く異なるものであり、デザインを共同で制作してくれたスタッフもおりません」と主張した。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中