池袋駅前死傷事故で逮捕の医師 「こころの問題」解決する産業医だった

印刷

   JR池袋駅近くの歩道で乗用車が歩行者5人をはねた事故で、自動車運転処罰法違反(過失傷害)の疑いで逮捕された東京都北区の医師・金子庄一郎容疑者は「こころの問題」を解決する産業医をしていたようだが、その実態ははっきりしない。

   院長を務める診療所に電話をしても応答はなく、週2日を除いて休診だったようだ。求人サイトの会社情報では、従業員数も0人となっていた。

  • コンサルタント事業のサイトでは「こころの問題」に取り組むとしていた
    コンサルタント事業のサイトでは「こころの問題」に取り組むとしていた

「いまいちばんの課題は、『こころの問題』です」

   金子容疑者が経営する医院は北区王子にあり、同区医師会のサイトにも掲載されている。それによると、内科、小児科、消化器科、胃腸科、循環器科を行うとしているが、休診日は月~水、金、日曜となっている。診療時間は木曜と土曜の午前中のみだ。

   求人サイトで看護師の募集をしているが、会社情報の項目で従業員数が0人になっている。実際にJ-CASTニュースは同院に何度か電話をしてみたが、応答はなかった。

   産業医として労働衛生のコンサルタント事業も行っていたようだ。医院のサイトでは大手企業での実績をアピールし、

「当事務所では、産業医、労働衛生コンサルタント、および産業カウンセラーの立場から、元気な会社作りを応援しています」

などと書いていた。また「いまいちばんの課題は、『こころの問題』です」とし、

「職場におけるメンタルヘルスケアを考えることは、すべての企業の緊急の課題のひとつです」

と売り込んでいた。サイト内で「実績」の1つとして記載されている、ある病院に勤務時の様子を聞いた。「5年以上前に数年在職したが、すでに退職している」とし、くわしい状況は分からなかった。

アルコールや薬物は検出されていない

   警視庁によると、事故で41歳の女性が亡くなったほか25~71歳の男女4人が重軽傷を負った。2015年8月16日21時34分ごろ、JR池袋駅付近にある地下の駐車場から発進し、そのまま歩道に乗り上げたとみられる。

   金子容疑者からアルコールや薬物は検出されていないようで、「疲れて居眠りしたので、覚えていない」などと供述しているという。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中