安倍首相に相次ぐ週刊誌の健康不安報道 「火のないところに煙は...」なのか 

印刷

   安倍晋三首相がこのところ体調不良に悩まされていると、週刊誌が相次いで報じている。報道が続く背景は何なのか。

   安倍首相には、下痢や下血などを伴う潰瘍性大腸炎の持病があるとされる。8年前に突然首相を辞任したのも持病悪化のためだったというが、新薬を服用してから問題がないことになっていた。

  • マスコミに嫌われている?
    マスコミに嫌われている?

ポストや現代、文春などが次々に報じる

   ところが、週刊ポストは、2015年8月10日発売号で、安倍首相の健康不安がまた浮上してきたと指摘した。

   記事によると、安倍首相は7月30日、首相官邸の総理執務室で昼食を拒むほどの体調不良を訴えて嘔吐し、常駐医師の応急手当てを受けたという情報がある。安保法案の国会審議などでストレスを溜めていたことが原因と考えられるという。潰瘍性大腸炎は、ストレスが発症に関係するとも言われている。

   翌々日には、安倍首相は、3時間近くもジムに行っていたが、記者や議員の間では、医療上の手当てを受けていると見られていたという。

   週刊現代も、8月17日発売号で、安倍家と親しい関係者などの話から、安倍首相の母親が、トイレが長く下血しているのではないかなどと息子の体調を心配していると報じた。

   さらに、週刊文春の19日発売号は、官邸関係者の話として、安倍首相が6月30日、東京ステーションホテルで会食中に気分が悪くなり、トイレに駆け込んで血を吐いたと報じた。安倍首相は、別室に医師を呼んで診察してもらったという。専門家によると、潰瘍性大腸炎では吐血はせず、薬の副作用などが出たらしいとのことだった。

   また、文春の記事では、7月1日に帰宅途中の車内で「トイレに行きたい」と腹痛を訴えたほか、8月6日に出席した広島の平和記念式典でも体調を崩したとしている。

安倍事務所は、文春報道を事実無根と否定

   文春報道については、安倍晋三首相の事務所が8月20日、事実無根の内容が含まれているとして、文春側に記事の撤回と訂正を求めたことが分かった。法的措置も検討するとしたが、文春側は、記事の通りだとして応じない考えをマスコミ取材に示した。

   首相官邸の秘書官付室では、J-CASTニュースの取材に対し、「細かいところまでは分かりませんが、体調不良はないと思います」と言っている。

   政治評論家の浅川博忠さんは、報道内容に間違いがあった可能性はあるものの、安倍首相はストレスをためて持病を悪化させたのではと見る。

「アメリカとの国際公約から、安保法案を絶対に通すという緊張状態に置かれていたのだと思います。支持率が下がったことや、過密スケジュールも影響したのでしょう。強い薬の副作用から感情の起伏が激しくなって、官邸でも怒りやすくなっていると聞いています。総理が、民主党の辻元清美議員に早く質問するようヤジを飛ばしたのも、そのせいだともされていますよ」

   健康不安説が流れたのは、マスコミからではないかと浅川さんは言う。

「番記者から情報が出ており、文春もそのルートからと聞いています。総理とマスコミとの関係は、必ずしも良好ではなく、マスコミも総理を快く思っていないようです」

   9月の自民党総裁選では、石破茂地方創生相らは出馬せず安倍首相が無投票で再選される見通しが報じられており、浅川さんは、すでに改造内閣・党役員人事に関心が移っていて、党内から情報が出た可能性は低いとしている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中