「模倣する」=「佐野る」ネットで言い換えブームに 「流行語大賞ノミネートか」の声も

印刷

   2020年東京五輪エンブレムをはじめとした佐野研二郎氏の手がけたデザインに相次いで「盗作」疑惑が持ちあがっている問題をうけ、SNSなどでは「模倣する」を「佐野る」と言い換えて遊ぶ人が続出している。

   ツイッターを見る限り、五輪エンブレムがベルギー・リエージュの劇場のロゴマークに似ているという指摘が上がり始めた2015年8月1日から確認でき、8月中旬ごろからは一部まとめサイトや掲示板サイトでも見出しに使われている。発祥となった場所は定かでない。

   毎年12月1日発表の「新語・流行語大賞」にノミネートされるのではないか、との声も一部出るなど、ネットでの知名度は広がりつつあるようだ。

   ちなみに佐野氏側は、サントリービールの景品バッグのデザインに関してのみ、「第三者のデザインをトレースしていた」と認めている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中