「反安保法案」ハンスト148時間で終了 4人全員に「ドクターストップ」

印刷

   国会周辺で行われていた、安全保障関連法案に反対する学生4人によるハンガーストライキが、ドクターストップによって2015年9月2日16時30分ごろ終了した。

   この日に投稿された実行委員会のツイッターによると、「生命への危険が及んでいる旨のドクターストップがかけられました。実行委はハンストの継続は困難と判断し、148時間目でこれを終了致します」という。

  • 8月30日に行われた安保法案反対デモの様子
    8月30日に行われた安保法案反対デモの様子

今後の活動については「再度掲載」

   安倍晋三内閣による安保関連法案に反対したハンガーストライキは、4人の大学生によって8月27日から参院議員会館前でスタートした。事前の実行委ブログによると、水分補給以外は行わない。実行委員会の学生や弁護士、医師らのサポートを得て、活動は行われた。

   31日には、ハンスト開始から101時間を迎えたところで医師から危険を指摘された1人が離脱。続けて9月1日に1人が離脱した。

   さらに翌2日夜、ツイッターで残りの2人についても

「生命への危険が及んでいる旨のドクターストップがかけられました。実行委はハンストの継続は困難と判断し、148時間目でこれを終了致します」

と発表された。

   今後の活動については、「詳細な報告は再度掲載させていただきます」(9月2日ツイッター)としている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中