トヨタ、自動運転車を公開 2020年めどに実用化目指す

印刷

   トヨタ自動車は、高速道路でドライバーがハンドルを操作しなくても自動走行する「自動運転車」を、2015年10月6日に公開した。東京都内の高速道路で実験走行し、東京五輪・パラリンピックが開かれる2020年をめどに実用化する方針を明らかにした。

   自動運転車は「レクサスGS」をもとに開発。周囲の動きを感知するセンサーやカメラと、車線変更の禁止区間などの詳細な道路情報が盛り込まれた地図に、これらの情報を処理する人工知能(AI)を搭載している。

   首都高速の入り口(ETC)を通過したところで自動運転モードに切り替え、目的地のETCを通過するまで自動走行。ドライバーがハンドルやアクセルを操作しなくても、車線変更のほか、高速道路の分岐点や合流点でもスムーズに走行した。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中