「紳士ぶるオッサンヲタキモい」とファンの悪口 新潟のアイドルに批判殺到し、謝罪する

印刷

   新潟県を拠点にして活動しているアイドルグループの高校生メンバーが、彼氏と思われる男性と飲食店に入り、ファンに対して「紳士ぶるオッサンヲタキモい」などと悪口を言った、といった内容がツイートされた。

   その後、メンバーと所属事務所は事実であることを認め、謝罪した。ところが、「アイドルを辞めろ!」などと騒ぎは収まらず、謝罪したブログのコメント欄も炎上した。

  • プライベートな会話が物議となり謝罪。「私にもう一度チャンスをください」と訴える。
    プライベートな会話が物議となり謝罪。「私にもう一度チャンスをください」と訴える。

ツーショット写真を撮るときに赤い糸を持ってくる

   騒ぎの発端は2015年10月7日に出たこんなツイートからだった。

「マックで勉強してるんですが、どうやら隣の高校生カップルの彼女の方がアイドルやってるらしく、『紳士ぶるオッサンヲタキモい』って言ってて、オッサン泣いてます」

   ツイートした男性はカップルの隣に座っていたようだ。なぜ「オッサン」ヲタがキモいかというと、ツーショットの記念写真を撮るときに、自分とアイドルの小指と小指を結ぶ赤い糸を持参してくるからだと説明していた。

   カップルはイチャつきながらオッサンヲタから送られてくるリプライを見ている、などとツイッターで実況中継した。このアイドルは自分が所属しているグループの名前を平気で出して話をするなど警戒感が感じられない、などとし、

「どっかで見たことあると思ったらこの子でした←」

と、新潟を拠点に活動しているアイドルグループの名前と、メンバーの写真をツイッターにアップした。フォロアーから「どこのマックに行けばいるんですか笑」と聞かれると新潟市にある地名も答えた。全国的には無名に近いが、新潟のアイドルファンにとってはそれなりに知られた存在なのだそうだ。

   こうした情報が掲示板で話題になり、ファンをバカにしているアイドルがいて、彼氏と堂々とデートを重ねている、ということからちょっとした騒動になった。

「アイドルを続けたい、もう一度チャンスが欲しい」

   メンバーはツイッターに出た情報を認め、10月8日に、グループのブログ上で、

「先日、同級生との会話の中でアイドルとして不適切な発言をしてしまったことが公になってしまいファンの方を傷つけ悲しませてしまいました。本当にごめんなさい」

と謝罪した。ネット上に「アイドルを辞めろ!」などといった批判が出ていることについては、「簡単に許される事ではないことを知っているけれども、アイドルは続けていきたい、もう一度チャンスが欲しい」と訴えた。所属事務所も、

「プライベートとはいえ、メンバーが口にした品性を欠く発言は許したがたいです。が、メンバーだけじゃなく教育の部分で徹底出来なかったのは自身の詰めの甘さです」

とツイッターで謝罪した。事務所としては今回は許し、ファンの期待には今後の精進とパフォーマンスで応えたいとしている。しかし、謝罪ブログのコメント欄には、

「は?反省したからいいと思ってんの?は?」
「あなたのことを推して、信じたくなくて、色々傷ついて我慢して家で泣いてたの知ってた? それもぜーんぶ無駄だったんだね」

などといった批判コメントが殺到した。9日の昼までにコメント欄は見ることができなくなっている。ツイッターでつぶやいた人物は、これほど騒ぎが大きくなっていることに驚きながらも、

「まあ、正直に認めてるのは偉いし、晒しちゃったのは申し訳ないけど、マジでアイドルやりたいんだったら気をつけろよな?っていう話よ」

といっている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中