「パクリ」疑惑の東京都ロゴに思わぬ波紋 仏眼鏡メーカー「日仏友好のため」?ロゴ変更を示唆

印刷

   ネット上で「パクリ」疑惑が浮上した東京都の「東京ブランド推進キャンペーン」のロゴが、海外に思わぬ波紋を広げている。

   デザインの酷似が指摘されたフランスの眼鏡メーカーはすでに事態を把握。「日仏友好のため、我々はロゴを変更する準備がある」などとした声明をツイッターで発表した。

  • 疑惑が浮上している「&TOKYO」のロゴ(東京都サイトから)
    疑惑が浮上している「&TOKYO」のロゴ(東京都サイトから)

仏メーカーは日本語でツイートも

   疑惑が持ち上がっている「東京ブランド推進キャンペーン」のキャッチコピー「&TOKYO(アンドトーキョー)」のロゴは、オレンジの丸に白抜きの「&」とアルファベット「TOKYO」が組み合わされたデザインだ。丸の部分は藤色など、全5色のバリエーションがある。

   このロゴが酷似しているとネット上で指摘されているのが、フランスの眼鏡メーカー「Plug&See」とニュージーランドの法律相談所「JONES&CO」のロゴだ。いずれもアルファベット部分のフォントは異なるが、「&」部分が丸に白抜きで、東京都のロゴと共通する部分がある。

   「Plug&See」側はすでに騒ぎを把握しているようだ。自社サイトやツイッターに

「日仏友好のため、我々はロゴを変更する準備がある。新しいロゴにするため寄付をしてください」

と声明を発表。どこまで本気か分からないが、

「弊社のグラフィックチャート変更のため、場合によっては弊社の東京進出のため、金銭的なご援助を賜りますようお願い申し上げます」

と日本語でもツイートした。

   「JONES&CO」は10月13日18時現在、公式サイトなどで反応はしていない。

舛添知事は会見で「疑惑」真っ向から否定

   「パクリ」疑惑について舛添都知事は10月13日の会見で、

「(似たようなロゴは)ごまんとあり、もっと見つかってもいいくらい。『&』は記号で著作権の対象ではなく、エンブレムの問題とは全然違う」

と真っ向から否定した。

   9日の会見でも「&」や「TOKYO」など記号や文字で構成したデザインは「著作権法上の保護対象にならない」、商標権についても「既存の商標と抵触していないということを確認しました」と説明。「法的な側面を見て、これでもう問題ないという形でやった」と話していた。

   東京都によると、当初ロゴのデザインは夏ごろの発表予定だったが、法的に問題ないかを調査して発表のタイミングが遅れた経緯がある。

   ロゴやPRビデオ、サイトの製作費は約1億3000万円。デザイン監修は「HAKUHODO DESIGN」代表取締役社長で多摩美術大教授の永井一史氏。同氏の父親は物議をかもした東京五輪エンブレムの選考審査委員の代表だった永井一正氏だ。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中