「NMB48」12歳アイドルが耳にピアス 「小学生で穴あけ」、早すぎるのか

印刷

   アイドルグループ「NMB48」の西仲七海さん(12)が耳にピアスをしているとしてネット上で物議を呼んでいる。

   いくらアイドルだといっても小学6年生でピアスは早すぎる、痛々しい、アイドルとしての清純なイメージを損なっている、というのだ。中には「親はどんな教育をしている」「俺が親なら絶対説教する」などと、親を批判する意見まで飛び出している。

  • 小6でピアスはどうなのか?海外では幼い時期に開けるのが一般的という例もある(写真はイメージ)
    小6でピアスはどうなのか?海外では幼い時期に開けるのが一般的という例もある(写真はイメージ)

ドラフト会議の15年5月時点で既に穴が開いていた?!

   西仲さんは2015年5月10日に行われた「第2回AKB48グループ ドラフト会議」で2巡目に「AKB48」チームKと「NMB48」チームNに指名された。そして抽選で勝利した「NMB48」のメンバーとなり、現在は「ドラフト研究生」という立場で握手会や公演に参加している。そんな西仲さんが急に注目を集めることになったのは、「小学6年生なのにピアスをしている」ということ。

   これは「NMB48」の5周年記念ライブが15年10月20日から大阪城ホールで行われるため、メンバー達が宣伝も兼ね楽屋の様子の写真をツイッターにアップしているうちに、西仲さんが耳にピアスをしていることが知られるようになった。15年5月10日のドラフト会議の時の写真も取り沙汰され、11歳の時に既にピアス用の穴が開いている、と話題になった。ネットでは「小学生はありえない」「印象良くないよな」「よくも僕を裏切ったな!」「オタクに嫌われたらアイドルおしまい」などと批判が起きた。それは親の教育問題にまで波及し、

「親はどういう教育してんのよ」
「親が子供にやらせる場合が多いからなぁ。本人の意思ならまだ良いけど、ちょっと心配」
「小学生がピアスなんか開けたら普通の親なら激怒する」
「小6の娘がピアスとか俺が親なら絶対説教するけどな」

などといった意見が掲示板に出た。

ピアスの穴を開けることに年齢制限はない

   もっとも、芸能人なのだからオシャレをするのは当然だ、とか、小学生でピアスの穴を開けるのはそんなに珍しい事ではない、海外では風習や宗教がらみで幼児の頃に穴を開ける国が結構多い、などと擁護する声も少なからずある。

   小学6年でピアスはどうなのだろうか。都内にある病院に話を聞いてみると、ピアス用の穴開けは医師以外の人間がやると医療法違反になり、化膿したりするなど様々なトラブルが起きるため医師に開けてもらうことが必要だと話した。そして法律には、開ける年齢制限はないそうだ。

「医師にもよりますが、うちではピアス用の穴を開けるのは小学生以上としています。幼児の場合は肉体的なショックも予想されますので、ある程度体が出来上がってからと考えています」

ということだった。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中